乳幼児や小児特有の耳鼻科的問題は、
お気軽に当院にご相談ください。
小児耳鼻咽喉科経験豊かな院長が、
的確な診断と治療を行います。

院長は埼玉小児医療センターでの経験を持ち、開院後も多くのお子さまを診ていますので、小児特有の対応のしかたや専門的な知識を熟知しています。

病院ぎらいにならないよう、気さくで臨機応変な対応は、お子様の耳鼻科診療には最適かと思います。
生まれたての新生児から診療が可能です。
どうぞお気軽にご来院ください。

新生児・小児の診療について

当院では新生児から小児・思春期まで、小児期のすべての耳鼻咽喉科疾患に対応可能です。
症状が悪化する前に、なるべく早くご相談ください。

治療の内容や注意事項、ご自宅での対応の仕方などを丁寧にご説明しますので、安心してご来院ください。

子どもが鼻づまりに。乳幼児は小児科?それとも耳鼻科?

鼻づまりの際は小児科・耳鼻科のどちらでも受診が可能です。
耳鼻科では鼻汁を吸うことができ、また吸入治療も可能なので、それによって鼻づまりが楽になることも多いです。

当院は乳幼児も問題なく受診できますので、お気軽にご来院ください。

子どもはときどき耳鼻科で耳垢取りをした方がいい?

その通りです。
「綿棒でまめに耳垢を取っているので大丈夫」とおっしゃるお母様もいらっしゃいますが、やり方次第ではかえって綿棒によって耳垢を奥に押し込めていることもあり、注意が必要です。

子どもさんの耳垢取りは、基本的に医師に任せた方が賢明でしょう。

鼻水や発熱・咳などの症状でお悩みの場合は、当院にお気軽にご相談ください。
危険な症状を伴わない風邪に関しては、当院で治療が可能です。
鼻汁を吸い出し、抗生物質などを投与して、症状を改善していきます。

風邪を引いたときは、耳鼻科で受診できるの?

鼻水や発熱などの症状は、耳鼻科で受診することができます。

小児科に通っても咳が止まらない場合などは、鼻汁が喉に回って咳が出ている場合もあります。
そのようなときは、耳鼻科で鼻汁を吸うことによって症状が改善されることもあります。

ただし全身の状態が悪くぐったりしている場合、嘔吐や発熱などを伴う場合は小児科に行った方が良いでしょう。

具体的な症状や治療方法についてご説明します。
「もしかしたら」と思う症状がある場合は、
病状が悪化しないよう、
なるべく早く受診されることをお勧めします。

アレルギー性鼻炎・花粉症

風邪も引いていないのに発作性のくしゃみや鼻水・鼻づまりが起こるアレルギー性鼻炎。
その一種である花粉症は、もはや国民病となってしまい、実に多くの患者様が悩まれています。

まずは抗アレルギー剤、点鼻薬などを投与し、薬で改善されない場合は手術治療に進むこともあります。

耳鳴り

キーンとする耳鳴りの症状は、日常生活にも影響を及ぼし、大きなストレスの原因ともなります。

中には高血圧や脳腫瘍などの病気が隠されている場合もありますので、決して放置せずに医師の診察を受けましょう。

ダイビングによる障害

スキューバダイビングの潜水時に、気圧の変化によって中耳・外耳・副鼻腔に疾患が生じることがあります。
潜水中に耳抜きを上手に行えないと大事に至ることもあり、ダイバーの方は十分な注意が必要です。

もし何か症状が出た場合は、当院にご相談ください。

長年にわたる喉の違和感・異物感

まれではありますが、下咽頭癌や食道癌の場合もあります。

早期発見し、早期治療ができれば治療することも可能です。

sp_telbn.png
TOP